中性脂肪にいいのは食べ物?運動?サプリメント?

中性脂肪があまりに大きく基準値を超えた場合、薬を使用することになりますが、基本的に食べ物や運動、サプリなどによって治療を行います。
この自然療法で最も重要なのは食べ物と運動です。
中性脂肪を下げる薬も効果的ですが、やはり生活習慣や食生活を改善しない限り、根本的な解決にはなりません。
そのため、中性脂肪を下げたい方は、まず普段食べているものを見直したり、少しでも体を動かす努力をしてくださいね。

海藻で中性脂肪を下げる!

私が中性脂肪を下げるのに食べ始めたのは海藻をいっぱい使ったサラダです。
海藻のヌルッとした成分(アルギン酸)には、体に溜まっている脂やコレステロールを排出する働きがあります。
さらに血液をサラサラにする作用もあるので、普通の野菜サラダを食べるよりもずっと効果的に中性脂肪を下げることができます。
ちなみにサラダを食べる場合は、一番最初に食べましょうね。
最初に肉やお米、パンなど高カロリーのものを食べてしまうと脂肪がつきやすいので要注意。

水で食べ過ぎを防ぐ

いくら食事に気をつかっても食べ過ぎてしまっては元も子もありません。
頭では分かっているけどついつい食べ過ぎてしまう・・・という方は、食前にコップ1杯の水を飲みましょう。
これにより、満腹感を与え、さらに脂肪の蓄積も同時に抑えることができます。
ただ水を飲むだけなので、この程度ならどんなに面倒くさがりの方でも始められると思います。

腹式呼吸が中性脂肪に有効!?

中性脂肪やコレステロールが高めの方は、体を動かさないといけませんが、仕事が忙しくて運動をする時間がない方もいるでしょう。
そんな方におすすめしたいのが腹式呼吸です。
腹式呼吸だけでは中性脂肪を減らせませんが、基礎代謝を高め、脂肪を燃やしやすくすることはできます。
運動と腹式呼吸をセットで行うのが理想ですが、運動が難しい方はせめてこれ以上中性脂肪を増やさないためにも腹式呼吸を試してみてはいかがでしょうか?

中性脂肪に効果的なサプリメントとその成分

効果的な中性脂肪サプリを選ぶ際、まず最初に注目したいのが成分です。
サプリの中には中性脂肪やコレステロールに効くと謳っていながら、有効成分が入っていなかったり、入っていても量が少ないこともあるので注意してください。
そこで、どのような成分が入っているサプリが効果的なのか説明したいと思います。

EPA

中性脂肪を下げる成分として最も知られているのがEPAでしょう。
サプリによく使用されているので、みなさんも名前くらいは聞いたことがあるのでは?
EPAには中性脂肪の合成を抑えたり、血液をサラサラにする働きがあります。
血液や血管に作用する成分なので、中高年の方ほど積極的に摂ってくださいね。

DHA

DHAもEPA同様、サプリによく使われている成分です。
EPAほど中性脂肪を下げる効果はありませんが、それでも中性脂肪値を低下させる働きは持っています。
神経系に作用する力が強いため、健康な頭を維持したい方にもおすすめです。

サポニン

サポニンは強い抗酸化作用を持つ成分です。
コレステロールの除去、血流の改善、過酸化脂質の生成抑制など幅広い効果が期待できます。
実際に中性脂肪が減少したという研究結果もあるので、EPA・DHAと一緒に名前を覚えておきましょうね。

トコトリエノール

ビタミンEの一種であるトコトリエノールにも中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあります。
強い抗酸化作用を持っているので、病気の予防、美肌効果や美白効果も期待できます。
パーム油、ココナッツ油といった普段口にしないものに含まれているため、サプリから摂るのがいいでしょうね。

中性脂肪を下げるサプリメントを比較してみました。

通販の中性脂肪を下げるサプリと手軽に購入できるDHCのサプリを比較してみました。
これを読めば通販のサプリと市販のサプリが違いが分かると思います。

成分を比較

DHCサプリは、DHA・EPAの合計が620mgと大変多いの特徴です。
きなりが500mg、大正DHA・EPAでも600mgなので、なんだかDHCサプリの方が効果があるような気がしますよね?
しかし、ここで注目したいのがEPAです。
中性脂肪を下げる効果はDHAよりもEPAの方があるというのを忘れないでくださいね。
肝心のEPA量はDHCサプリが110mgに対して、大正DHA・EPAは200mgも入っているんです。
そのため、DHCサプリよりも大正DHA・EPAの方が中性脂肪を下げる効果が高い!といえます。

品質を比較

DHCサプリも品質を維持するためにビタミンEを酸化防止成分として使っていますが、通販のサプリと比較すると見劣ります。
たとえば、きなりに使用されている酸化防止成分「アスタキサンチン」は、ビタミンEよりも遥かに強力です。
有効成分のDHA・EPAが酸化しては本来の効果を得ることができないので、品質を重視するならきなりのような通販サプリを選ぶといいでしょう。

価格を比較

価格は通販サプリよりもDHCサプリの方が手頃です。
1ヶ月1000円ちょっとで飲めるので、経済的負担を大きく抑えることができます。
ただ、成分と品質を考慮するとやはり少々高くても通販サプリの方がいいでしょうね。
真剣に中性脂肪を下げたいなら少しくらい投資してもいいのでは?
下手にケチって薬を飲まないといけなくなるほど悪化するのは嫌ですよね・・・。

中性脂肪を下げるサプリメントを選ぶ時の3つのポイント

中性脂肪を下げるサプリを選ぶ時のポイントを3つ紹介しますね。
これからサプリを買おうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

品質・成分を重視する

中性脂肪やコレステロールを下げるサプリを選ぶ時、最も大切なのが品質と成分です。
どんなにいい成分が入っていても品質が悪ければ駄目ですし、品質がいくら良くても成分に問題があるなら効果が期待できません。
どのような成分が使われていて、品質を維持するのにどういった工夫がされているのかを必ずチェックしましょう。
これは安全に飲み続けるためにも必要なことです。

安価なサプリは避ける

中性脂肪・コレステロールを下げるサプリは、商品によってお値段がまったく違います。
安いものだと数百円から購入できますし、高いものになると5000円以上する場合もあります。
お財布のことを考えると安いサプリの方を買いたいところですが、安いサプリには安いなりの理由があるので注意してくださいね。
基本的に安価なサプリは有効成分の量が少なく、効き目が弱い傾向があります。
だからといって無理に高価なサプリを買う必要はありませんが、あまりにも安すぎるサプリは避けた方がいいと思います。

口コミ・ランキングをチェックする

商品の情報を見てもイマイチよく分からない・・・という方も多いのではないでしょうか?
そんな時は口コミやランキングを参考にするのもいいと思います。
すべての情報が正しいとは言えませんが、口コミやランキングをチェックすることで売れているサプリが分かります。
売れているサプリにはきちんと理由があるので効果も期待できます。
ただし、口コミ・ランキングだけに頼ると自分に合わないものを買ってしまう危険があるので、できる限りの情報収集は行ってくださいね。