DHAってどんな成分なの?現代人はDHA不足って本当?

DHAとは青魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸という不飽和脂肪酸の一種です。
体内で生成できない栄養素なので、食べ物から摂取するしかありません。
健康的な体を維持するのに大切な栄養素ですが、現代人のDHA不足は深刻で、十分な量を摂っていない方がほとんどです。

DHA不足の原因は、日本人の食生活の変化だといわれています。
昔の日本人は魚中心の食事をしていましたが、今は欧米よりの食生活に変わり、肉中心の食事をしている方が多いです。
そのため、現代人は意識しないとDHAを摂ることができなくなりました。

DHAには生活習慣病や体の不調を予防する作用があるので、普段から積極的に摂っておきたいところですが、魚が苦手でなかなか摂れない方もいると思います。
そうした方におすすめなのがDHAサプリです。
ニオイがしないサプリなら魚が苦手な方でも手軽にDHAを摂取できます。

血液をサラサラにするDHA!コレステロールや中性脂肪にも効果あり!

ドロドロ血液を改善したい方は、DHAを意識して摂るようにしましょうね。
DHAには血液をサラサラにして、血流を良くする効果があります。
ドロドロ血液は動脈硬化の原因になるので、DHAをしっかりと摂って予防してください。

さらにDHAにはコレステロール値や中性脂肪を減らす効果もあります。
コレステロールや中性脂肪が高いと動脈硬化の発症リスクを高めてしまいます。
もし、健康診断などでこれらの数値が高かった場合は、今からでもいいので積極的にDHAを摂りましょうね。

DHAで頭が良くなるって本当?

DHAは「頭を良くする栄養素」ともいわれていますが、本当なのか気になりますよね。
本当に頭が良くなるなら毎日でも青魚を食べたい!という方もいると思います。

結論からいうと頭が良くなるかどうかは、いまだに分かっていません。
頭が良くなるという説もあれば変わらないという説もあるので・・・。
ただ、DHAは脳の働きに作用し、情報伝達を促す効果があるため、記憶力や学習能力を向上させることはできるようです。
頭が良くなるかどうかは別として、脳にいい栄養素なのは事実なので、学力を高めたいなら摂らないよりも摂った方がいいと思います。

また、脳の老化を防ぐ効果も期待できるので、アルツハイマー型認知症の予防・改善にもおすすめです。

DHAは花粉症にも効果がある?薬を飲むよりもいいかも

みなさんの中に花粉症に苦しんでいる方はいませんか?
花粉症になるとくしゃみや鼻水が辛いですし、頭もボーっとするので仕事に集中できませんよね・・・。
そんなやっかいな花粉症に効果があるといわれてるのがDHAです。

あまり知られていませんが、DHAには炎症やアレルギーを抑えたり、ロイコトリエンという花粉症を引き起こす原因物質の働きを抑制する効果があります。
アトピー性皮膚炎や喘息にも効果があるといわれているので、アレルギー性疾患に苦しんでいる方にいいでしょうね。

ただし、DHAには即効性がありません。
薬みたいにすぐに花粉症の症状が軽減するというわけではなく、効果を実感できるまで時間がかかります。
とはいっても薬のような副作用はありませんし、花粉症体質を根本的に改善できるので、花粉症患者にはおすすめの成分です。